媚薬の材料

植物からの媚薬材料

ガラナ
ガラナはアマゾン川流域が原産地でカフェインやタンニンが豊富に含まれている果実です。
この果実は集中力をアップさせることができます。そして、アルコールから抽出したエキスは、疲労回復や滋養強壮にも用いられています。神経を過敏にして集中力を高め、体を活性化する効果があります。

マカ
マカの原産地は南米のペルー。標高4,000メートルもの高地で、厳しい環境のなか成長するアブラナ科の天然植物です。

マカの成分は精力剤の元ともいわれる亜鉛やミネラル成分もたっぷり含まれています。

女性の場合はホルモンバランスが崩れることで、性生活を楽しめないことに対応していい効果があります。

甘草、カズラ、サトウキビ

これらの糖分を取れる食材は強精薬として用いられた。

食べ物、果物からの媚薬材料
リンゴ、ザクロ
ジョルジュ・デュビィ他著『愛とセクシュアリテの歴史』にリンゴとザクロを用いた古代バビロニアの性愛の呪法が紹介されている。

卵、チーズ
栄養価の高い食品は強壮剤として用いられた。

カカオ、コーヒー
チョコレートやココア、コーヒーが催淫効果があるとされた。

アルコール
リキュールや葡萄酒など。多量に摂ると逆効果。

バニラ
少量だが男性フェロモンと同じ成分が含まれている。