媚薬の副作用

媚薬とは性的興奮を高めたり、精力の付く薬や食品の総称です。惚れ薬とも称されています。一般的には女性向けのイメージがありますが、実際は男性用もあります。女性用の媚薬は主に性欲を高め、恋愛感情を起こさせることによって、性冷淡、セックスレスなどの改善する効果があります。

媚薬を服用後、女性の性的な幻覚が引き起こし易くて、単調なナイトライフを激変させるsex薬として、多くの女性に愛用されています。女性用媚薬の効果は性冷淡、性早退、性欲低下など治療するだけではなく、性機能の免疫力を増進し、体の免疫も調整できますので、持続に使用すると性欲が高まって、たちまち淫らな女にする強力媚薬です。現在仕事や生活のストレスで、多くの女性が冷感症、性欲低下、不感症、愛液不足の悩みを抱えて、人気の媚薬通販サイトは各種類の媚薬を豊かに揃って、媚薬の力を借りたっら以上の悩みが解消できます。女性用媚薬の一番のメリットは夫妻性生活において、欠かさない物です。性冷淡などの症状が治療するだけではなく、夫妻関係を改善できます。

しかし、媚薬にはたくさんの種類があります。それぞれ成分が異なるので、副作用が出てしまう可能性のある成分が配合されております。主に顔のほてり・頭痛・腹痛・ 神経過敏・精神的不安・悪寒・動悸などの副作用が考えられます。

媚薬は心臓に負担がかかってしまう可能性がありますので、血圧の高い方や肝機能に問題がある女性に使うことは避けてください。

媚薬の服用で苦痛が生じたときや服用に不安を感じているなら、ためらわず病院にいくことが大切です。

過剰摂取により作用が強まって体の不調につながる場合があります。

個人差がありますので、人の体に影響する程度も症状も違ってきます。

脳中枢が麻痺している状態ですので、そもそもの女性媚薬の効果が現れない可能性があります。